ラグマス

【ラグマス】アサシンクロス育成方法 ステ振り・スキル振り 武器・防具装備選択(アサクロ転職まで)

2019年6月30日

ラグナロクマスターズのアサシンクロス転職までの育成について解説します。ラグマスではスキル・ステのリセットが効くので、アサシンクロス転職に向けた育成についてはリセットも見据えてステ振り・スキル振りを考えていきます。また、必要となる武器・防具についても解説していきます。

ステータスの振り方

基本的にはStr極にする

本作ではステータスはリセットが可能です。シーフ時からアサシンクロス転職後になりたいタイプのステータスにそって育成するよりも、転職後に変更してしまうほうが効率が良くなります。

アサシンクロス転職に向けたステータスは、基本的にはシーフで習得できる「ダブルアタック」とアサシンで習得できる「ソニックブロー」の威力を考えてStr極とします。厳密には「Str>Dex≧Agi, Vit」にしていきます。

Strの振り方

まず、StrについてはLvが上がるごとに常に振り続ける形で問題ありません。ひるんではいけません。迷わず振っていきましょう。

Dexの振り方

次に、Dexです。狩場によって要求されるHitが上がっていくので、もし攻撃が当たりにくくなったらDexを上げるという形で問題ありません。

ただし、アサシンになると後述するパッシブスキル「ソニックアクセラレーション」でHitが上がりますので、初めから上げすぎないようにしてください。おそらくHitで困るようになるのはプロンテラ北(メタルラ・ダスティネス)での狩りくらいです。

Agi・Vitの振り方

残りはAgiまたはVitですが、これはアサシンクロス転職後のことを考えて振っていくのがいいと思います。素殴りメインのクリアサ・短剣型とするならAgi、SB・SBr型とするならVitでよいです。これも必要に応じて振る形で問題ありません。

余談ですが、私は試行錯誤の中で攻撃速度のためにAgiに振りました。しかし、結果的には0でもよかったかなと思っています。というのも、アサシンに転職後はほとんどSBを打っているだけだったからです。

ステータスが足りないと感じたら料理を使う

ラグマスではJobでの補正がかなり大きいうえに、装備や料理などで自由に補正が変えられます。足らないところは料理でのブーストや後述の教官システムを活用することで補えるので、サブとなるステータスはあまり振らなくてもやりすごせます。

【参考】アサシンクロス転職時(Lv70)のステータス

私のアサシンクロス転職時(Lv70)のステータスを参考までに示しておきます。

  • Str:80
  • Agi:30
  • Vit:0
  • Int:0
  • Dex:25
  • Luk:0

スキルの振り方

まずはダブルアタックを習得

「ダブルアタック」は習得必須です。最優先で習得しましょう。シーフ時代の主なダメージソースは素殴りですから、乱暴な言い方をすると、ダブルアタックを習得してしまえばシーフとしてはほとんど完成したようなものです。

クリアサになるためにダブルアタックを切るという選択肢ももしかしたらあるでしょう。そういった育成論を載せているサイトもあります。しかし、アサシンクロスまでの育成時においては正直なところそれはナシだと思っています。

早期からのクリアサ志望は茨の道です。もしダブルアタックを切るとしてもアサシンクロスに転職後にスキルリセットする場合に切ればよいです。

ソニックブローとエンチャントポイズンを取ろう

アクティブスキルの習得において、第一にお伝えしたいのはシーフスキル「エンチャントポイズン」とアサシンスキル「ソニックブロー」を必ず取得することです。後述しますが、この2つのスキルがアサシン時代の育成の苦難を助けてくれます。

以下でシーフとアサシンのスキル習得順序を解説します。

シーフ

シーフ時代は基本的には以下のような流れで習得していきましょう。

  1. ダブルアタック:Lv10
  2. 回避率増加:Lv10
  3. エンチャントポイズン:Lv10
  4. ハイディング:Lv1以上
  5. 解毒:Lv1
    (ここまでで32ポイント。残り8ポイントは好きなスキルを習得。)

シーフ転職後、ダブルアタックを優先的に習得してください。あとは回避率増加、エンチャントポイズンを習得し、残りは適宜習得といった感じです。回避率増加を習得すればある程度のモンスターからの攻撃は回避できます。ダメージを受けたとしても自動回復系料理でHP回復は間に合います。

各シーフスキルについての考察は以下のページにまとめていますので、あわせてご覧ください。

【ラグマス】シーフのスキル振り考察 習得すべきスキルは?

アサシン

アサシン時代は以下のような流れで習得していきましょう。

  1. ソニックブロー:Lv5(ソニックアクセラレーション前提まで習得)
  2. ソニックアクセラレーション:Lv5
  3. ソニックブロー:Lv10(最大まで習得)
  4. エンチャントポイズン強化:Lv10
  5. アーマーブレイク:Lv5(最初に習得するのもあり)
    (ここまでで30ポイント。残り10ポイントは好きなスキルを習得。)

まずは、命中が30ポイント上がるソニックアクセラレーションを習得し、プロンテラ北のハードルとなるメタルラ・ダスティネスへの命中率UPを図ります。その後ソニックブロー、エンチャントポイズン強化を習得し、ダメージアップ。

アーマーブレイクの習得タイミングについてはここでは最後にしていますが、プロンテラ北に行く前に他の狩場(蟻地獄・ソグラト砂漠等)をもう少し続けるなどで素殴りメインでやる場合は、先に習得しておくのもありです。

各アサシンスキルについての考察は以下のページにまとめていますので、あわせてご覧ください。

【ラグマス】アサシンのスキル振り考察 習得すべきスキルは?

狩場の選び方

Lv1~10:プロンテラ南門・プロンテラ西門

ノービス時代はクエストをこなしつつ、プロンテラ南門でポリン、ファブル、ルナティックをひたすら狩ります。物足りなければプロンテラ西門でチョンチョン、ヨーヨーあたりを倒していきましょう。

ノービスのJobレベルが上がりきったらシーフに転職して、すぐにダブルアタックを習得してしまいましょう。狩りのスピードが格段にあがります。

Lv10~25:プロンテラ西門・迷宮の森

デイリークエストが受注できるようになったら更にレベルアップのスピードが上がりますので、基本的にこのレベル帯はクエストですっ飛びます。デイリークエストは「おにぎり」でもらえる「傭兵疾風委託便」を使用してスキップしてしまいましょう。

狩場としてはプロンテラ西門や迷宮の森で、ロッカー、クリーミー、マンドラゴラを狩ることになります。どのモンスターもサイズは小・中でDEFも低くダメージは通りやすいです。

Lv25~40:ゴブリンの森・ミョルニール山脈

この時期もデイリークエストでガンガンレベルアップします。取得経験値が10倍になる「モンスター討伐」は必ず受注したうえで狩りをしましょう。

狩場はプロンテラ周辺から移動してゴブリンの森やミョルニール山脈等のゲフェン周辺のマップ。ミョルニール山脈では引き続きマンドラゴラを狩りつつ、ホーネットをひたすら狩ります。ゴブリンの森ではゴブリンライダーがおいしいですので、適正レベル内(モンスターのLvの±10の範囲)に入ったら狩り始めましょう。

Lv40あたりになると、アサシンへの転職が見えてきます。

Lv40~50:ソグラト砂漠・蟻地獄

シーフの終盤からアサシン転職直後はモロク周辺の狩場で狩りをすることになります。

特に蟻地獄はポップするモンスターの数が多いので狩りの回転が速いです。ドレインリアー以外のモンスターは属性倍率が毒属性で125%となるので、毒瓶をしこたま購入してひたすらエンチャントポイズンを付与しながら短剣での素殴りの自動狩りでOKです。

アサシンに転職するとカタールが装備可能になりますが、今までダメージソースであったダブルアタックがカタールでの攻撃では発生しません。カタールの優位点であるクリティカルも、ダメージ自体は武器やアサクロスキルがあってこそのものですのでここではじっと我慢。素直に短剣を使いましょう。

注意点としては、蟻地獄B2Fの上部ではマーターの湧きポイントがあるので、その付近には近づかないこと。エンチャントポイズン状態ではダメージが入りづらい上に、レベルによってはモンスターがアクティブ状態で攻撃してくるためです。

Jobレベルを上げて行ってソニックブローが出せるようになるまで上げていきましょう。

Lv50~70:プロンテラ北

とうとうアサシン時代もラストスパート。…と言いつつも、ここからが長いです。

このころにはソニックブローやエンチャントポイズン強化が習得された状態まで来ているはずです。自動スキルに「通常攻撃」「ソニックブロー」「エンチャントポイズン」の3つのスキルを設定したうえで、ひたすらメタルラ・ダスティネスを狩り続けます。

武器については、ソニックブローは短剣でも使用可能なので、カタールよりも武器攻撃力が高い短剣を装備します。ダスティネスのサイズ的にも有利なので1確狩りがしやすいです。

その他属性についてですが、メタルラ・ダスティネスともに毒属性倍率は125%ですので、常にエンチャントポイズンを使用し続けましょう。エンチャントポイズンのおかげで1確狩りのハードルを下げることができます。

詳しくは以下のページにまとめていますので、参考にしてください。

【ラグマス】Lv50~アサシンでのプロ北ダスティネス・メタルラ狩り

Lv70~80台のレベル上げについて

Lv70~80台のレベル上げについては、Lv70までと異なりかなり厳しくなってきます。以下のページにまとめていますので参考にして下さい。

【ラグマス】Lv70~80のアサシン・アサシンクロスの狩場・育成方法の解説(プロ北ダスティネス・時計塔パンク狩り)

装備の選び方

武器の選び方

基本的には店で売っている短剣をメインに使っていけばOKです。

装備ガチャで「セイントナイフ」が入手出来たらそれでかまいません。StrとAgiの補正が入るだけでなく、Base経験値が+10%されます。

威力に不満がある場合は、フェイヨンで作成可能な「砂漠の夕暮れ」を作りましょう。強化していくと強力な短剣「砂漠の風」にもグレードアップできます。

クエスト「ピラミッドメインストーリー」で入手可能な「決意の剣」もおすすめです。クエストでは「決意の剣」「カラのカタール」のどちらかしかもらえないのでその点は注意が必要です。決意の剣については以下の効果がついています。

  • エンチャントポイズン、ベナムダストの消費SPを15%低減
  • ソニックブロー、グリムトゥースのダメージがBaseLv×20増加
  • ローグ系装備の時、SP消費15%ダウン
  • 通常攻撃がBaseLv×8ダメージアップ

メインストーリ-を進めておくと経験値ももらえますし、スタミナを使い切ったらクエストを進めておくことをおすすめします。

武器を作成するという選択肢もある

また、その他にも本作では材料を集めて武器をつくることもできます。おすすめの作成武器については以下の記事にまとめましたのでご覧ください。

【ラグマス】アサシン・アサシンクロスのおすすめ装備 武器についての考察

防具の選び方

こちらも武器と同様。基本的には店売りでも大丈夫です。

防具に関してはステータスをアップさせる効果を持ったものがたくさんあります。ものによっては特定のモンスターに対してダメージアップさせる効果を持ったものもあります。

サブクエストで入手可能な育成時のおすすめ装備は「猛毒浄化装置」です。

  • MaxHP+100
  • 物理防御+10
  • 野外マップのアンドレ・ガイアスへのダメージ20%増加

装備ガチャで防具系が入手できた場合は各種経験値が上昇する効果もありますので装備しておくと育成スピードは上がります。経験値が上がる装備の一例を以下に挙げておきます。

  • ホーリーセイントマント:Job経験値+10%
  • ホーリーセイントブーツ:Base経験値+10%
  • 極・アリス:Job経験値+5%
  • 真夜中のアリア:Base経験値+5%

ペットの選び方

育成においてはペットと一緒に戦ったほうが効率が上がります。アサシン・アサシンクロスのおすすめペットについては以下のページにまとめています。

【ラグマス】アサシン・アサシンクロスのおすすめペット どのペットを連れていく?

職業変更について

ラグナロクマスターズでは1キャラで多数の職業になることができます。アサシンクロス転職後、他の職業に変更することができるようになりますので、アサシン系列の職業以外でプレイしたい場合は職業を変更するという手もあります。

職業変更の方法やコスト、注意点、ステータスボーナスについては以下のページにまとめています。

【ラグマス】上位2次転職後の転職 職業変更方法・注意点・ステータスボーナスを解説

まとめ

ラグナロクマスターズのアサシンクロス転職までの育成についての解説でした。

ラグマスではスキル・ステのリセットをすることができます。これを前提に、アサシンクロス転職に向けた育成についてはリセットも見据えたステ振り・スキル振りをしていくとスムースに転職まで到達できます。

特にクリアサなどの武器やスキルが十分そろった状態でないと真価が発揮できない型の場合は、スキル振り・ステ振りがその型用となっており、アサクロに到達するまでがかなり辛いです。そういった面や、途中で必ずもらえるリセット用のアイテムが1つずつはもらえることも鑑みると、アサクロに早く到達できる方法でやっていったほうが効率的です。

個人的にはアサシン系の職業が好きなので、このサイトの情報をもとにアサシンクロスを目指していただければとてもうれしいです。

-ラグマス
-,

© 2020 いちたどん.com