ラグマス

【ラグマス】アサシンのスキル振り考察 習得すべきスキルは?

2019年6月27日

ラグナロクマスターズの職業であるアサシンのスキルについての考察です。各スキルの情報掲載と習得すべきスキル、レベルアップに必要なスキルレベルについて考察します。

シーフ時代のスキル振りについて

シーフ時代のスキル振り考察については以下のページをご覧ください。

【ラグマス】シーフのスキル振り考察 習得すべきスキルは?

アサシンクロスのスキル振りについて

アサシンクロスのスキル振り考察については以下のページをご覧ください。

【ラグマス】アサシンクロスのスキル振り考察 習得すべきスキルは?

アサシンクロス転職までの育成について

シーフ~アサシンクロス転職までの育成方法について以下のページにまとめています。

【ラグマス】アサシンクロス育成方法 ステ振り・スキル振り 武器・防具装備選択(アサクロ転職まで)

アサシンスキル

各スキルの情報については2019年6月現在のゲーム内の情報をもとに記載をしておりますが、変更があれば随時修正していきたいと思います。

カタール修練

スキル情報

カタール系武器を使用時、物理攻撃が(3*スキルLv)ポイントアップ。

Lv12345678910
増加ATK36912151821242730

考察

カタールアサシン(クリアサ)を目指す場合は必須のスキルです。本家のラグナロクオンラインでも登場しました。

カタールメインで戦う場合はLv10習得を推奨します。

単純に攻撃力の底上げとなるパッシブスキルですので派手さはありませんが、スキルLvが上がっていけばじわじわと強化されていきます。

アーマーブレイク

スキル情報

短剣での通常攻撃時、(5*スキルLv)%の確率で敵ユニットの装備物理防御を50%ダウンさせる。効果持続は4秒。

Lv12345
発生確率5%10%15%20%25%

考察

本作で初登場。短剣アサシン(二刀アサ)の場合は取得必須のスキルです。

短剣メインで戦う場合はLv5習得を推奨します。

効果としては、「Lv5の場合25%の確率で敵ユニットの物理防御を半減させる」というパッシブ系デバフスキルです。25%というと低めな印象ですがアサシンは手数が多いので思った以上に発動します。ダメージの増加は敵の防御力にもよるところですが、ダブルアタックで1000ダメージを超えている敵に対して100~200ほどダメージがアップすることもあります。

ソニックブロー

スキル情報

武器を使用して敵を高速で切り刻む。敵単体に物理攻撃の(200+40*スキルLv)%の物理ダメージを与え、さらに30%の確率でスタン状態にする。スキル使用距離は1.5m、スキルディレイは2秒。

Lv12345678910
ダメージ倍率240%280%320%360%400%440%480%520%560%600%
スタン確率12%14%16%18%20%22%24%26%28%30%
消費SP12141618202224262830

考察

アサシンといえばやっぱりこれ。唯一の高倍率ダメージ攻撃スキルです。今作ではカタール専用ではなく短剣でも使用可能となりました。

したがって、短剣・カタールアサシンともにLv10習得を推奨します。

アサシンからアサシンクロスへの転職までのレベル上げで効率を上げるためには必須のスキルで、1確狩りのために使用します。

本家ラグナロクオンラインでは大きすぎる消費SPと長すぎるスキルディレイのせいで殴ったほうが効率が良いと言われた時代もありましたが、本作ではSP自動回復料理もあり、安定して打ち続けることができます。

2秒のスキルディレイが効率の壁となるケースもありますが、1確狩りの場合はスキルの使用が高回転過ぎても料理のSP回復が間に合わなくなってしまうのでちょうどいい塩梅かもしれません。複数回打つ場合は、装備やカードでディレイをカットしていく必要があります。

ソニックアクセラレーション

スキル情報

ソニックブローのダメージが(20*スキルLv)%アップ。恒久的に自身の命中が(6*スキルLv)ポイントアップ。

Lv12345
増加ダメージ20%40%60%80%100%
増加命中率612182430

考察

ソニックブローのダメージアップだけでなく、命中率もアップする便利なパッシブスキル。

短剣・カタールアサシンともにLv5習得を推奨します。

このスキルによる命中率アップはステータスアップなので、ソニックブロー時だけでなく通常攻撃にも反映されます。

現状、Lv50以降の狩場としてプロンテラ北やオーク村が人気ですが、これらの狩場のモンスターは回避率が高めのため、ぜひともその狩場に到達するまでに取得しておきたいスキルです。

エンチャントポイズン強化

スキル情報

エンチャントポイズンの武器が(4*スキルLv)の物理攻撃を獲得する。同時に【エンチャントポイズン】、【ポイズンウェポン(インベナムの誤訳?)】、【ベナムダスト】のスキル発動の毒効果時間が(1*スキルLv)秒増加。

Lv12345678910
増加ATK481216202428323640
毒効果時間追加1秒2秒3秒4秒5秒6秒7秒8秒9秒10秒

 考察

エンチャントポイズン使用時の攻撃力・毒効果を強化するためのスキルです。

カタール・短剣ともにLv10習得を推奨します。

スキル説明の通り、エンチャントポイズンだけでなくインベナムやベナムダストにも効果があるスキルではありますが、現状はインベナム・ベナムダストを使用する機会は狩りの中ではほとんどなく、アサシン時代には専らエンチャントポイズン向けの効果のために習得することになります。

主に攻撃力の増加を目的として習得しますが、副次的に毒効果時間についても延長されるので、長時間殴り続ける必要のある敵が毒にかかった際にも有利です。

インベナム

スキル情報

敵単体に物理攻撃の(100+30*スキルLv)%の物理ダメージを与える。同時に毒状態にする。この毒状態は重ねがけ不可。スキル使用距離5.0m、スキルクールタイム2.5秒、スキルディレイ1秒。特殊消費として毒瓶を使用。

Lv12345
ダメージ倍率130%160%190%220%250%
消費SP1015202530

 考察

毒瓶を使用してダメージを与えつつ相手に毒を付与するスキル。

現状、コスト面からみても通常の狩りの中で使用することはなく、ほぼ死にスキルに近いです。今後PvPなどで使用されるかもしれませんが、アサシンクロスへの通過点としてのアサシンには不要なスキルであると思います。したがって、現状、素殴り狩りやソニックブロー狩りを中心に行うのであれば習得の必要はありません。

グリムトゥース

スキル情報

敵単体に針地獄を使用し、小範囲のすべての敵グループに物理攻撃の(140+10*スキルLv)%の物理ダメージを与える。このスキルはハイディング状態時のみ使用でき、(25+5*スキルLv)%の確率でスキル発動後もハイディング状態が解除されない。スキル発動にはカタール系武器の装備が必須。スキル使用距離は6m、スキルディレイ1.5秒。

Lv12345678910
ダメージ倍率150%160%170%180%190%200%210%220%230%240%
ハイディング
解除回避確率
30%35%40%45%50%55%60%65%70%75%
消費SP567891011121314

 考察

アサシン唯一の範囲攻撃…ですが、こちらも使い勝手が悪いです。

使用の前提がハイディング状態であり、グリムトゥース使用後にハイディングが一定確率で解除されてしまう点が使いづらさを強めています。Lv10まで上げたとしても25%の確率でハイディングが解除されてしまう上に、スキルディレイもソニックブローの2秒に迫る1.5秒で、ダメージ倍率も240%。インベナムと同様、通常の狩りでは使用する場面もなく、習得の必要はありません。

バックステップ

スキル情報

後方に回転して敵ユニットの攻撃を避ける。回避が(3*スキルLv)ポイントアップし、ハイディング状態になる。効果持続は5秒。スキルクールタイム5秒、スキルディレイ1秒。

Lv12345678910
増加回避率36912151821242730
消費SP6789101112131415

 考察

本家のラグナロクオンラインでも存在する緊急回避スキルです。本家では瞬間移動するだけでしたが、本作ではその後にハイディングと回避率も増加されます。

なお、説明文中の効果持続の5秒は「回避率増加」に対しての時間となります。

PT狩りで緊急回避で使用することはあるかもしれませんが、ソロ狩りではほとんど使用しません。Lv10までスキル習得可能なスキルではありますが、他にもっと有用なスキルがあるため、習得してもLv1などにとどめておくのがよいと思います。

ベナムダスト

スキル情報

敵単体にウイルスを散布し、さらに周囲の敵グループに物理攻撃の(50+10*スキルLv)%の物理ダメージを与える。対象が毒状態の場合、毒は範囲内のすべての敵ユニットに蔓延する。毒効果によるHP減少効果は最大で3回まで重ねがけ可能。スキル使用距離は1.5m、スキルディレイは2.5秒。

Lv12345678910
ダメージ倍率60%70%80%90%100%110%120%130%140%150%
消費SP12131415161718192021

 考察

本家とは効果やコストが異なり、完全に毒にする効果がない代わりにレッドジェムストーンを使用する必要はありません。

範囲攻撃スキルとなっていますが、倍率も最大Lv10でも150%と低く、スキルディレイも2.5秒と長めの設定のため、アサシン時代にはほぼ死にスキル状態です。ソニックブロー等ほかにも有用なスキルがあるので、取得の必要はないと思います。

習得順序について

基本的には以下のような流れで習得していくと育成はスムーズかと思います。

カタールアサシン(クリアサ)の場合

アサシン時代をクリアサでソニックブローをメインで使わず素殴りで狩りをする場合の習得順序例です。

  1. カタール修練:Lv10
  2. エンチャントポイズン強化:Lv10
  3. ソニックブロー:Lv5
  4. ソニックアクセラレーション:Lv5
  5. ソニックブロー:Lv10
  6. お好きなスキルを習得

上記は攻撃力の底上げを早めに行うことを優先しています。まだアサシン時代はステータスによってはクリティカル率が低くなるケースもありますので、ソニックアクセラレーションの取得タイミングはケースバイケースです。もちろんソニックブローも使っていくタイプであれば、早めに取得しても良いかと思います。

短剣アサシンの場合

アサシン時代を短剣メインで狩りをする場合は、ソニックブローを使用するケースが多いと思います。この場合の習得順序例を以下に示します。

  1. ソニックブロー:Lv5
  2. ソニックアクセラレーション:Lv5
  3. ソニックブロー:Lv10
  4. アーマーブレイク:Lv5
  5. エンチャントポイズン強化:Lv10
  6. お好きなスキルを習得

ソニックブローでの1確狩りを念頭に置き、命中率のためにソニックアクセラレーションを早めに習得するようにしています。このあたりもステータスによりけりですが、DEXが高めでHitが十分あるのであればソニックブローLv10を先に目指してもOKです。素殴りメインの場合は、アーマーブレイクやエンチャントポイズン強化のタイミングを早めても良いかと思います。

アサシンクロスのスキル振りについて

つづいて、アサシンクロスのスキル振り考察については以下のページをご覧ください。

【ラグマス】アサシンクロスのスキル振り考察 習得すべきスキルは?

まとめ

ラグナロクマスターズの職業であるアサシンのスキルについて考察しました。各スキルの情報については2019年6月現在のゲーム内の情報をもとに記載をしておりますが、変更があれば随時修正していきたいと思います。

現状、アサシン時代は短剣でエンチャントポイズン付与でソニックブローをパチパチ打っていくのが効率化の近道だと個人的には思っていますので、その思想寄りの考察となっています。

シーフのスキル考察の締めでも記した通り、比較的気軽にリセットは可能です。アサシンクロスとなった後に、クリアサなのか、二刀アサなのか、またはソニックブロー型やソウルブレイカー型となるのか、ということを決めてリセットする前提を置いて、アサシン時代までは割り切ったスキル振りにしてしまうのも1つの手かと思います。

-ラグマス
-,

© 2020 いちたどん.com