ラグマス

【ラグマス】Lv80~アサシンクロス時計塔1Fパンク狩り方法解説(武器・ステータス等)

2019年8月14日

ラグナロクマスターズ解説シリーズ!アサシン・アサシンクロス(アサクロ)の時計塔1Fのソニックブロー(SB)パンク狩りについて解説します。パンクは装備やステータス次第でソニックブローで1確狩りすることができます。Base/Job経験値も稼ぎやすいので手っ取り早くレベルを上げる必要がある際におすすめのモンスターです。この記事ではパンク狩りに最適なステータスの振り方やおすすめの装備、狩り方について解説していきます。

パンク狩りはソニックブロー一確狩りで経験値効率が高い

物理防御がそれほど高くなくサイズも小型のパンクはアサシン・アサクロにとって非常に狩りやすいモンスターです。ステータス・装備、使用アイテムによっては早い段階で1確狩りが可能なモンスターであり、かつ、経験値もBaseが1340、Jobが816 と高めである点も魅力的です。

上の画像のダメージはオーバーキル状態ですが6万超えのダメージも出すことができます。

パンクの属性・種族・ステータス・経験値情報

パンクの属性・種族・ステータス・経験値等の情報は以下の通りです。

  • レベル:98
  • 属性:風属性(弱点…地属性:200%、毒属性:125%)
  • 種族:植物
  • サイズ:小型
  • HP:52799
  • Base経験値:1340(EXP/HP:0.02537)
  • Job経験値:816(EXP/HP:0.01545)

特筆すべきはHPに対して経験値がかなり多い点です。同じレベル帯でよく狩られるモンスターでいうと、スティングやアノリアン、ダークプリースト等がいますが、これらは BaseEXP/HPの値が 0.007~0.008 とパンクの経験値と比較して 1/3 程度の経験値量です。

経験値の差だけ見れば、レベル上げの厳しいLv80台には非常に助かる狩り対象です。Lv50台からお世話になったメタルラ・ダスティネスのような定番のレベル上げ用モンスターとも言えます。

パンク狩りはいつ頃からはじめるめるべきか?

では、パンク狩りはいつ頃からはじめるとよいでしょうか。

私のおすすめするタイミングは Lv78以降かつアサシンクロス転職後、エンチャントデッドリーポイズン(EDP)がLv10になったら です。

パンク狩りは実質、Lv80になる前から狩りすることは可能です。その頃にはアサシンクロスに転職している頃ですから、エンチャントデッドリーポイズンがLv10で使用できるようになったくらいから余裕をもってダメージを出せるようになります。

また、一確狩りで長らくお世話になったダスティネスと獲得経験値の比較をしてみると、狩場切り替えの時期(Lv)についても見えてきます。以下にキャラクターとモンスターとのLv差によるペナルティについてまとめました。

【ダスティネス(Lv62)】

  • Lv52~Lv72:Base:826/Job:530(100%)
  • Lv73~Lv77:Base:660/Job:424(80%)
  • Lv78~Lv82:Base:495/Job:318(60%)

【パンク(Lv98)】

  • ~Lv77:Base:804/Job:490(60%)
  • Lv78~Lv87:Base:1072/Job:653(80%)
  • Lv88~Lv98:Base:1340/Job:816(100%)

この比較結果が Lv78 以降でパンク狩りをはじめたほうがよいとする根拠です。

Lv77 までは一確狩りのハードルが低くドロップもそれなりにおいしいダスティネスとそれほど獲得経験値が変わりません。パンク狩りでは各種アイテムを使用する必要がありますので、あえて背伸びをしてコストのかかるパンクを狩る必要はないと思います。

Lv70~80台でのアサシンの育成については以下でも触れています。

【ラグマス】Lv70~80のアサシン・アサシンクロスの狩場・育成方法の解説(プロ北ダスティネス・時計塔パンク狩り)

時計塔1Fへの行き方

パンクがいる時計塔1Fダンジョンはアルデバランのマップから移動することができます。なお、アルデバランはプロンテラ北マップ中の北側のワープポイントから行くことができます。

時計塔1Fの入り口では事前にワープ位置を開放することができ、解放後はカプラ職員のワープで800zで移動可能になります。必ず開放しておきましょう。

ちなみに町であるアルデバランのワープは400zです。アルデバランのワープポイントから時計塔1Fはそれほど遠くないので、400zをケチっていってもいいかもしれませんね。

必要スキル・ステータス・装備構成

スキル構成

ソニックブロー関連スキルを取得することがこの狩りの前提となります。また、アサシンクロスのエンチャントデッドリーポイズンを使用することを前提としますので、転職後しばらくはジョブレベルを異なる狩場で上げるか、Jobポーションがあれば使用するのもアリです。

推奨構成は以下の通りです。

シーフスキル

  • ダブルアタック:Lv10
  • 回避率増加:Lv10
    (※)その他スキルは任意で。

【ラグマス】シーフのスキル振り考察 習得すべきスキルは?

アサシンスキル

  • ソニックブロー:Lv10
  • ソニックアクセラレーション:Lv5
    (※)その他スキルは任意で。

【ラグマス】アサシンのスキル振り考察 習得すべきスキルは?

アサシンクロススキル

  • エンチャントデッドリーポイズン:Lv10

【ラグマス】アサシンクロスのスキル振り考察 習得すべきスキルは?

ステータス構成

以下、参考までに私のキャラクターのパンク狩り時のステータスを示したいと思います。

  • Str:99+40
  • Agi:30+65
  • Vit:0+14
  • Int:0+15
  • Dex:25+26
  • Luk:0+33

ルーン

以下は私のキャラクターのパンク狩り時のルーンの開放状況です。主に物理攻撃力アップを狙ってあげておきます。

  • 精錬物理攻撃:+13.0
  • 回避:+2
  • MaxHP:+73
  • 魔法防御:+1.0
  • 物理攻撃:+35.7

ルーンについては以下のページで解説しています。

【ラグマス】アサシン・アサシンクロスのルーン一覧 効果についての考察

装備構成

以下に私のキャラクターの装備を示したいと思います。

  • 武器:+4セイントナイフ(強化Lv85)
  • 頭:猫耳ベレー
  • 顔:真夜中のアリア
  • 口:大好きラブレター
  • 盾:+4スタンダードシールド
  • 鎧:タイツIII
  • 肩:ホーリーセイントマント
  • 靴:ホーリーセイントブーツ
  • アクセ1:ロザリー(強化Lv50)
  • アクセ2:ロザリー

特に高価な武器防具は必要ありません。マンドラゴラカードもあればだいぶ楽になりますが、なくてもなんとなかるレベルの狩場です。足りない部分は料理等でカバーしていきましょう。

セイントナイフ以外にも作成で高ATKの短剣は作れます。おすすめはATKが高い「ホーリーダガー」です。その他おすすめの武器については以下にもまとめています。

【ラグマス】アサシン・アサシンクロスのおすすめ装備 武器についての考察

狩りの準備

料理・アイテムの購入等の準備

料理やアイテムを用意しておきます。狩場についたら以下のアイテムを使用して狩りを始めましょう!

属性付与アイテム

パンクは風属性なので土属性倍率が200%となります。ダメージアップのために付与しましょう。幸い、グレイトネイチャは安価に手に入ります。コストは2019年8月現在で1個あたり3000zです。

  • グレイトネイチャ:エンチャントポイズンLv10で1時間あたり4個必要(15分×4)

市販料理

ステータスUPの料理についても必要に応じて購入しておきましょう。

  • 心温まる料理:SBメインで狩りするなら1時間に1個くらい(SP40000)
  • STR料理:1撃+素殴りで問題なければA料理でOK。余裕をもって1確したい場合はB料理。

自動回復系料理は、自作料理の効果もあるので目安です。ステータスをINTに振っていたりした場合はSP回復量が確保されるおかげでSP消費は緩やかになります。

STR料理はステータスアップ効果よりも割合で上がる物理攻撃アップ効果のほうが大きいです。A料理での1確は若干ハードル高め。B料理はA料理に比べると効果が2倍で価格は5倍。1撃+素殴りでもそれほど効率は落ちませんので安いA料理でも不都合はありません。

自作料理

自作料理での物理攻撃力(Atk)の底上げが有効です。あらかじめ食事レベルLv8までを上げて有効料理数を6まで上げておくと1確ハードルが下がります。

  • 満漢全席、海からの呼びかけ、ヒュドラ 6個

おすすめ料理(満漢全席、海からの呼びかけ、ヒュドラ)の作成方法については以下の記事をご覧ください。

【ラグマス】おすすめの料理(満漢全席)の効果・作り方・材料入手方法を解説!料理レベルの上げ方や食材の入手ルートも紹介

自動スキル欄の設定

以下を設定しておきます。

  • 通常攻撃
  • ソニックブロー
  • エンチャントデッドリーポイズン

ソニックブローはディレイタイム外でモンスターをターゲットにした場合、基本的には通常攻撃よりも優先して発動します。ディレイタイムに突入すると通常攻撃を行います。

エンチャントデッドリーポイズンは効果時間が切れたら自動的に掛けなおしされます。効果時間内に連打はされませんのでご安心ください。

傭兵猫の雇用

時計塔1Fはアクティブモンスターばかりですので、不慮の事故が発生する確率が高いです。パンクの属性攻撃も地味に痛いので、山葵の雇用をおすすめします。

HPの回復については自動回復系料理で間に合いますが、HPの減りが大きい場合やHPが心配な場合は五郎の雇用を検討しましょう。

  • 山葵の雇用(おすすめ)
  • 五郎の雇用(必要に応じて)

狩り方

ソニックブロー1確、または、ソニックブロー1発+通常攻撃1発となるようにステータス・アイテム・装備をそろえておきましょう。

バースリーやクロック等については近接するとダメージをもらいますので安全性を高めるために前述のとおり山葵の雇用をお忘れなく。

準備が整ったら、時計塔1Fでパンクをターゲットにして自動狩りを行います。

2019年8月現在でもかなり人気な狩場となっているので、人が多い場合はチャンネルを移動するなどして空いているところを狙っていけば効率は出せると思います。

まとめ

ラグナロクマスターズのアサシン・アサシンクロス(アサクロ)のパンク狩りについて解説しました。

メタルラ・ダスティネスでの狩りと同様にソニックブローによる狩りとなりますが、パンクのHPは50kオーバーと今までの狩りに比べるとハードルは高くなります。保持されている装備等によってダメージアップのやり方は異なりますが、上記の解説をもとにカスタマイズしてみてください。

基本的にはタイツや猫耳ベレーなどの%UP系の装備をそろえておけば楽にダメージを上げられるので、マンドラゴラカードなどは不要です。料理等を使用しつつ、装備がそろってきたら使用アイテムを減らすなどコスト調整をし、狩りの最適化を行っていくとよいでしょう。

-ラグマス
-,

© 2020 いちたどん.com