グルメ

【マクドナルド】事前注文して席で受け取れる「モバイルオーダー」アプリを利用してみた!使い方、メリットとデメリット等を紹介

全国のマクドナルドで2020年1月28日より導入開始された「モバイルオーダー」アプリを利用してみましたのでレビューします!モバイルオーダーでの注文方法、アプリの使い方、メリットとデメリット、実際に使ってみた感想を書いてみたいと思います。

Contents

マクドナルドの「モバイルオーダー」とは

モバイルオーダー」とは、全国のマクドナルドで2020年1月28日より導入開始された、新しいオーダーシステムです。

簡単にそのシステムを説明すると、

  • スマホ上で事前に注文をしておき
  • 受け取り店舗のカウンター、または、席に着いたら発注
  • 決済はスマホ上で指定のクレジットカードで行われ
  • その場で受け取れる

というなんとも便利なシステムです。

マクドナルドでよく目にする残念な光景が、レジ前のオーダーが異様に長いこと。特にランチタイムや学生の帰宅時間と重なる夕方のレジの混雑は、皆さん一度は目にしたことはあるかと思います。

そういった注文時の待ち時間をこのシステムを利用してもらうことで減らそうというわけですね。

マクドナルドの「モバイルオーダー」の使い方

モバイルオーダーアプリをインストールする

まずはスマートフォンにマクドナルドの「モバイルオーダー」アプリをインストールしましょう。

iOS(iPhone/iPad)版のモバイルオーダー

iOS(iPhone/iPad)の場合は以下のAppStoreからインストールしてください。

https://apps.apple.com/jp/app/%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%83%89%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%89-%E3%83%A2%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BC/id1315442352

Android版のモバイルオーダー

Androidの場合は以下のPlayストアからインストールしてください。

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.orderPay&hl=ja

マクドナルドのモバイル会員のアカウント認証を行う

インストール後、マクドナルドのモバイル会員のアカウント認証を行います。アカウントに登録してあるメールアドレスとパスワードで認証しましょう。

もしモバイル会員のアカウントがまだない場合は、アプリから登録することもできます。

マクドナルドの「モバイルオーダー」での注文方法

マクドナルドの「モバイルオーダー」アプリでの注文では、大きく分けて3つの情報の登録が必要です。

  1. 受け取り店舗の登録
  2. 注文するメニューの登録
  3. 受け取り方法の登録

このうち、「1.受け取り店舗の登録」と「2.注文するメニューの登録」については、店舗に到着する前に登録が可能です

3.受け取り方法の登録」の中で決済と発注が行われるので、この登録を行う段階で店舗に到着していないといけません

受け取り店舗を登録する

設定が済んだら、マクドナルドの「モバイルオーダー」アプリを起動しましょう。そして、「モバイルオーダーをはじめる」タップします。

店舗を検索し、受け取る店舗を決定します。「この店舗で受け取る」タップすると設定完了です。

これで受け取り店舗の設定は終わりです。

注文するメニューを選んで登録する

以下のように受け取り店舗が表示されている状態で、注文可能なメニューの区分を設定します。以下の画面では「レギュラー」を選択しました。

この状態で「注文をはじめる」タップしましょう。

カテゴリ画面を挟んで、注文対象の一覧画面が出ます。通常メニューだけでなく、マクドナルドアプリで配信中のクーポンもこの画面から注文可能です!

以下の画面では、クーポンを利用して注文を行っています。購入したいメニューの「クーポンを使う」タップしましょう。

セットメニューを選ぶとサイドメニューの選択画面が表示されます。それぞれの選択画面に従って注文を入力していきましょう。

ハッピーセットの場合は、おもちゃもこの画面で選択することができます。

一覧に注文したメニューが表示されますので、注文を決める場合は「注文を決定する」タップしましょう。

店舗に到着しているなら「店舗に到着」タップします。

念押しで聞かれますので「次へ」タップしましょう。

これでメニューの注文は終わりです。

受け取り方法を選んで登録する

受け取り方法を選択して登録していきます。

「お店で食べる」もしくは「テイクアウト」を選んでタップしましょう。

ドライブスルーにはついては、2020年1月末現在対応していないようなので注意してください。

お店で食べる場合は、カウンターだけではなく席に届けてくれるサービスがあります。「カウンターで受け取る」「席までスタッフがお届け」を選んでタップしましょう。

カウンターで受け取る場合は、そのまま決済となります。ここでは「席までスタッフがお届け」を選んで注文する方法を説明したいと思います。

まずは、空いている席を確保します。するとテーブルに以下のような番号がふってあります。

この番号を以下の画面で入力します。間違いがないことを確認したうえで「確定する」タップしましょう。

決済画面が表示されます。

初回はクレジットカードの登録を行う必要があります。

クレジットカード情報の設定後、使用するカードを指定したうえで「支払いを確定する」をタップしましょう。

発注が完了すると、以下のような画面が表示されます。カウンターでの受け取りと共用の画面なので「番号が表示されたらお受け取りください」という表記がありますが、席での受け取りの場合は特に気にする必要はありません

発注後、数分で店員さんが商品を持ってきてくれます!

商品の受け取りが完了したら、以下の画面の「商品を受け取りました」をタップしてアプリをホーム画面に戻します。

これで受け取りまで完了しました。

マクドナルドの「モバイルオーダー」を使用するメリット

注文の待ち時間がない

前述の通り、マクドナルドはランチタイムや夕方の時間帯はレジが混んでいます。この時間をスキップして注文ができ、あとは受け取るだけというのはとても便利です。

空き時間を有効活用できる

電車の移動時間や空き時間に注文内容を登録できる点は便利なポイントのひとつだと思います。レジだと混雑時に精神的にゆっくり決められないこともあるので、ゆとりをもって注文内容が考えられるというメリットもありますね。

発注後の待ち時間も短縮できる

店舗に着きそうになった段階で事前に登録した情報をもとに発注をすれば、ほとんど待ち時間なしに受け取ることも可能です。

ただし、アプリ側でも警告が出ますがあまりに店舗から遠い場合はお店側にも迷惑になりますので、なるべく近づいた段階で発注するようにしましょう。

ネットでキャッシュレス決済が可能

ネットで決済が完結するので、現金はおろか、クレジットカードや交通系の電子マネーICカードすら取り出す必要がありません。手持ちのお金がなくとも、スマホさえあれば飲食できるのは良いですね!

イートイン時に席の確保がしやすい

イートインでカウンター受け取りの際に困るのが席の確保。特に混雑時に1人でイートインする場合は、席の確保が難しいです。

モバイルオーダーを利用すれば席を確保してからゆっくりオーダーができるので、上記のようなケースにはとても助かるのではないでしょうか。また、お子さん連れで保護者が1人の場合も、注文時間の間、席にいることができるので安心ですね。

マクドナルドの「モバイルオーダー」を使用するうえでのデメリット

ポイントがつかない

レジではdポイントなどのポイントが付与されますが、2020年1月末現在の仕様ではシステム上で登録する部分がなくポイントをつけることができません。このあたりは改善されることを待つしかなさそうですね。

株主優待チケットや紙のクーポンは使用できない

2020年1月末現在の仕様では「株主優待チケット」や「紙のクーポン」を利用するための入力項目は見当たりませんでした。

これらの紙のチケット等を利用する場合は、従来通りレジを利用する必要がありそうです。

こまかいカスタマイズ注文ができない

2020年1月末現在の仕様では、レジ注文で可能な細かいカスタマイズがモバイルオーダー上ではできません。例えばハンバーガーの「ケチャップ抜き」「ピクルス抜き」や、フライドポテトの「塩抜き」などがカスタマイズにあたります。

こうした注文に関しても、従来通りレジを利用する必要がありそうです。

レジの店員さんのスマイルはもらえないよ!

でも、カウンターでの受け渡しや、席で注文したにスマイルがもらえるから安心して!

実際にモバイルオーダーを使って感じたこと

席で注文できるのは本当に便利だった!

今回は子連れで行きましたが、席の確保が本当に楽で助かりました。

いつもだと子供を待たせながら一緒に受け取りをして、それから席の確保という順序なので、運が悪いと席が確保できず待ちになるという最悪なケースも…。それが回避だけでも精神的にはかなり楽ですね。

おもてなしリーダーの存在感がすごい

今回私が注文した時間帯は、おもてなしリーダーの方がいろいろとケアをされていました。

例えば、今回は子連れだったのですが、子供がちょっと退屈そうにしていたら、紙でつくるちょっとしたおもちゃを出してくれて、一緒につくるというところまでやってくれました。なんというか、よくマクドナルドのCMやエピソードの中でありそうなシーンが目の前で行われていて個人的にはちょっと感動しました!

開始直後なのでお店側もバタバタしている?

開始直後ということもあり、傍から見て「お店側の運用もこれから」といった感じでした。

席での受け取り時に、おもてなしリーダーさんと少しお話させていただいたのですが、「モバイルオーダーを利用されているお客さんはまだまだ少なくて、オーダーから席への提供の方法も改善しながらやっていきます!」と仰っていました。

席で注文するとちゃんとオーダーが通っているかドキドキする

席での注文は、カウンターでの注文と違って番号が表示されるモニタがありません。なので、オーダーが通っているかドキドキしました。

前述のおもてなしリーダーの方が、注文後にちゃんと注文が通っていることを教えてくださいました。このあたりも最近のマクドナルドはしっかりしていて好感が持てました。

システムの品質的にはまだまだ?

システムの品質的にまだまだのところがありそうです。2020年1月末現在のアプリの評価はiOS/Android両方ともに★2程度でした。コメントの中にも

  • アプリでの注文が失敗する
  • 決済が失敗して返金処理に時間がかかった

等といったコメントがあり、システムとして不安定な状態になるケースも見受けられます。ただ、このあたりはそのうち改善されるものと思っています。

決済方法はクレジットカード決済とLinePay

2020年1月末現在、決済方法はクレジットカード決済とLinePayのみのようですね。PayPayなどの他の決済については、機能追加を待ちましょう!

まとめ

全国のマクドナルドで2020年1月28日より導入開始された「モバイルオーダー」アプリを利用してみましたのでレビューしました。

また、モバイルオーダーでの注文方法、アプリの使い方、メリットとデメリット、使ってみた感想についても書きました。

結論として、モバイルオーダーは、まだまだこれからのところはありますが、現段階でもしっかり使えますし便利なサービスです。今後、改善や機能追加により使い勝手が良くなることを願いつつ、この記事の締めにしたいと思います。

-グルメ
-, ,

© 2020 いちたどん.com