料理

【Phillipsレシピ】ノンフライヤーの最適な調理時間・温度のまとめ

2020年3月4日

Philips(フィリップス)ノンフライヤーで料理の調理時間・温度をまとめました。実際にノンフライヤーで調理し計測したうえで最適と考えられる調理時間・温度やレシピを掲載しています。レシピについては随時更新していきます!

Philips(フィリップス)ノンフライヤーとは

ノンフライヤーは揚げ物を、大量の油を使わず熱風で調理することができる調理器具のことです。

実際に使ってわかったことや、おすすめ理由については以下のレビューにまとめていますので、ご覧ください。

【レビュー】Philips(フィリップス) ノンフライヤーは一人暮らしや子育てママ、少人数世帯が買うべき調理家電

ノンフライヤーで調理可能な料理、調理が難しい料理

Philips(フィリップス)ノンフライヤーを購入検討中の方で、「ノンフライヤーを使ってどんな料理が調理できるのか?」「ノンフライヤーでは調理が難しい料理は何か?」ということが気になる方は、以下の記事にまとめていますのでご覧ください。

Philips(フィリップス)ノンフライヤーで作れる料理・揚げ物は?いろいろチャレンジしてみた!

冷凍コロッケ(3枚分)200℃・8分

大量購入してもかなり安い冷凍コロッケ。いつの時代でもコロッケは主婦・主夫の味方ですね。

業務スーパーで10枚200円程度で購入できます。冷凍食品のなかでもかなりコスパの良い商品です。

冷凍コロッケは衣がパン粉なので、ノンフライヤーでそのまま調理するしてしまうと表面のパン粉だけが焦げてしまいます。これはパン粉には水分や油分がないためです。表面だけが焦げてしまわないように油でコーティングする方法をご紹介します。

レシピ

材料

  • 冷凍コロッケ…3枚
  • サラダ油…適量

用意するもの

  • 食品用ラップ…コロッケが包めるくらいの大きさ
  • 電子レンジ
  • ノンフライヤー

手順

  1. ノンフライヤーを200℃で5分ほど余熱しておく
  2. 冷凍コロッケを食品用ラップで包み、500Wで1分30秒程度あたためる
  3. 衣が解凍された状態になったら、サラダ油をまんべんなくかける
  4. ノンフライヤーのバケットを取り出してコロッケをセットする
  5. 200℃で6分調理する
  6. 一度バケットを取り出してコロッケを裏向きにし、再び200℃で2分調理する
  7. できあがり

ポイント

サラダ油はスプレーなどで吹きかけると良いでしょう。油用のスプレーがない場合は、百円均一等で売られているボトルからかけると、油の量がコントロールしやすいです。
一度取り出して裏向きにすることで裏表の油分が調節され、表面の揚がり具合が均一になります。

冷凍白身魚フライ(3枚分)200℃・10分

コスパの高い冷凍白身魚フライ。

業務スーパーで購入すれば1枚あたり40円程度です。

冷凍白身魚フライは冷凍コロッケと同様に衣がパン粉なので、ノンフライヤーでそのまま調理するしてしまうと表面のパン粉だけが焦げてしまいます。表面だけが焦げてしまわないように油でコーティングしましょう。白身魚フライはコロッケに比べると大きめなので、調理時間も若干コロッケよりもかかります。

レシピ

材料

  • 冷凍白身魚フライ…3枚
  • サラダ油…適量

用意するもの

  • 食品用ラップ…白身魚フライが包めるくらいの大きさ
  • 電子レンジ
  • ノンフライヤー

手順

  1. ノンフライヤーを200℃で5分ほど余熱しておく
  2. 冷凍白身魚フライを食品用ラップで包み、500Wで1分30秒程度あたためる
  3. 衣が解凍された状態になったら、サラダ油をまんべんなくかける
  4. ノンフライヤーのバケットを取り出して白身魚フライをセットする
  5. 200℃で7分調理する
  6. 一度バケットを取り出して白身魚フライを裏向きにし、再び200℃で3分調理する
  7. できあがり

ポイント

サラダ油はスプレーなどで吹きかけると良いでしょう。油用のスプレーがない場合は、百円均一等で売られているボトルからかけると、油の量がコントロールしやすいです。
一度取り出して裏向きにすることで裏表の油分が調節され、表面の揚がり具合が均一になります。

冷凍フライドポテト(シューストリング 200g)200℃・8分

こどもに人気のフライドポテト。業務用の冷凍フライドポテトは1kgあたり230円程度から。

パン粉の衣がついているコロッケなどと比べると非常に楽に調理が可能です。基本的に冷凍したまま調理して問題はありません。

レシピ

材料

  • 冷凍フライドポテト(シューストリングタイプ)…3枚
  • 塩…適量

用意するもの

  • ノンフライヤー

手順

  1. ノンフライヤーを200℃で5分ほど余熱しておく
  2. ノンフライヤーのバケットを取り出して冷凍フライドポテトをセットする
  3. 200℃で6分調理する
  4. 一度バケットを取り出して揺すり、再び200℃で4分調理する
  5. できあがり

ポイント

調理時間が長くなったり、調理完了後にバケットに放置してしまうと、フライドポテトの表面が乾燥して硬くなってしまいます。
調理が終わったらなるべく早めにバケットから取り出しましょう。

薄切り豚ロースの一口ミルフィーユカツ 200℃・10分

ノンフライヤーではバケットサイズ的に作りにくいトンカツですが、薄切り豚ロース肉を使って一口カツならスペース詰めて調理できます。また、青じそ、梅、チーズなどを挟んでアレンジも可能!

子供向けに一口大にするなどのサイズの調整も効きますので、お子さんがいる家庭にもおすすめのレシピです!

レシピ

材料

  • 豚ロース薄切り肉…400g
  • 溶き卵…1個分
  • パン粉…適量
  • 小麦粉…適量
  • 塩…適量
  • こしょう…適量

用意するもの

  • ノンフライヤー

手順

  1. 豚ロース薄切り肉を塩コショウしながらぐるぐる巻いて成形する
  2. 成形した豚ロース肉に小麦粉、溶き卵、パン粉の順番につける
  3. ノンフライヤーを200℃で5分ほど余熱しておく
  4. ノンフライヤーのバケットを取り出してミルフィーユカツをセットする
  5. 200℃で6分調理する
  6. 一度バケットを取り出してひっくり返し、再び200℃で4分調理する
  7. できあがり

ポイント

こまかいパン粉を使えば豚ロース肉の油分でパン粉が揚がりますが、念のためサラダ油をスプレーしておくときれいに揚がります。

まとめ

Philips(フィリップス)ノンフライヤーで料理の調理時間・温度をまとめました。なお、レシピについては実際にノンフライヤーで調理し計測したうえで最適と考えられる調理時間・温度を記載しました。

ポイントとしては…。

  • 冷凍品で衣がパン粉の場合は、一度解凍して表面に油を塗る
  • 調理の途中で一度様子を見て、まんべんなく熱が入るようにひっくり返したり揺らしたりする

以上のようなことが挙げられます。

これからもレシピについては随時更新していきたいと思いますので、チェックよろしくお願いします!

-料理
-, ,

© 2020 いちたどん.com