料理 餃子の王将

【餃子の王将】持ち帰りの生餃子をきれいに焼く方法 焼き方レシピ

2020年1月23日

餃子の王将 生餃子

餃子の王将の持ち帰りの生餃子をきれいに焼く方法についてまとめました。餃子の王将公式レシピを参考にアレンジを加えています。ぜひ参考にしてください。

餃子の王将 おすすめセット
【餃子の王将】2021年版ぎょうざ倶楽部 お客様感謝キャンペーンを攻略!【期間は7月1日~12月13日】

2021年度版の「ぎょうざ倶楽部 お客様感謝キャンペーン」について、キャンペーンの日程、貰える商品一覧と狙い目の商品、効率的にポイントをゲットする方法をまとめました。 Contents1 2021年版 ...

餃子の王将 おすすめセット
餃子の王将のスマホアプリでクーポンを利用しよう

餃子の王将のスマホアプリを使用するとお得なクーポンを利用することができます。この記事では、スマホアプリでのクーポンを使用するための準備と利用方法、おすすめのクーポン利用方法について解説します。 Con ...

餃子の王将 おすすめセット
餃子の王将のぎょうざ倶楽部会員カードがスマホアプリに登録できるようになった

ぎょうざ倶楽部会員カードが餃子の王将のスマートフォンアプリに登録できるようになったと王将公式サイトにて発表されました。 カードの登録方法や注意点、アプリに登録すべきか否かについて記載しています。 Co ...

餃子の王将の生餃子の焼き方の公式レシピ

持ち帰り時にレシピ冊子が貰える

餃子の王将の「生餃子」の焼き方は、生餃子を持ち帰りで購入するとレシピの冊子を一緒に入れてくれます。

冊子が貰えなかった場合は、店員さんに一言、

いちたどん
いちたどん

生餃子の焼き方のレシピをください!

と伝えれば入れてくれるはずです!

レシピ冊子をもらい忘れた場合は公式サイトへ

餃子の王将の公式サイトにも焼き方のレシピが掲載されています。もしレシピ冊子をもらい忘れた場合はこちらも参考にしてください。

ホーム

いちたどんのアレンジレシピについて

基本的なところは「餃子の王将」の公式の焼き方に忠実に従い焼いていくことになりますが、若干アレンジといいますか改善を施しました。

以降で、私がアレンジした焼き方レシピを説明していきます。

用意する食材等

生餃子を焼く際に必要な食材等は以下の通りです。

  • 生餃子:1人前~2人前
  • 油:大さじ1杯
  • 水:200ccくらい

生餃子は餃子の王将に似たものであれば同じやり方でOK

生餃子は餃子の王将で購入したものを基準にしていますが、同じようなサイズ・皮の厚さの餃子であれば同じやり方で可能です。

1度に焼くのは2人前くらいがちょうどいい

フライパンの大きさにもよりますが、家庭のコンロで使えるフライパンであれば3人前がギリギリ入るくらいです。

しかし、いろいろと試した結果、無理3人前を入れると餃子と餃子の隙間が小さくなり、くっつきやすくなることがわかりました。フライパンで焼く際にはなるべく2人前くらいにしておくことをおすすめします。

水は多めに用意して調整して使う

水は蒸し焼き用に用意しますが、すべては使い切りません。フライパンの大きさに合わせて入れる量を調整しますので、少し多めに沸かしておくとよいと思います。

油の種類はサラダ油以外でもOK

油はサラダ油でかまいませんが、その他の油でも大丈夫です。ごま油を使うと焼き上がりが香ばしくなりますのでおすすめです。

用意する道具

以下の道具を用意しておきましょう!

  • フライパン
  • フライパンのフタ
  • 湯沸かしができる鍋、または、電気ケトルなど
  • 盛り付け用のお皿
  • フライ返し

フライパンの大きさは餃子の数によって変えよう

フライパンの大きさは、以下を参考にしてください。

  • 1人前なら20~22cm
  • 2人前なら25~26cm

生餃子のフライパンでの焼き方

蒸し焼き用の熱湯を沸かし始める

焼き餃子は途中で蒸し焼きの調理が必要となります。

蒸し焼き用の熱湯は予め作っておいて、程よい焼き色になったら蒸し焼きできるように準備しておきましょう。

フライパンを温める

フライパンを強火にかけて油を入れて温めます。

火を消してフライパンに餃子を並べる

フライパンが熱くなったら一旦火を消してください。

そして、フライパンに餃子を並べてください。

並べ方のポイント

餃子と餃子の隙間を1cm位あけて並べてください。

餃子と餃子を離すのは、餃子を蒸し焼きにしたときに膨らむためです。

隙間がないと餃子同士がくっついてしまう原因になるので、隙間は必ず開けるようにしましょう。

餃子の表面を薄く焼き色がつくまで焼く

フライパンに餃子を並べ終えたら、再び火をつけます。火の強さは中火くらいです。

この状態で餃子の表面を薄く焼き色がつくまで焼きます。

焼き色をつけるときのポイント

焼き色がつくまでは1分~1分30秒程度!

コンロの火の強さにもよりますが、フライパンがしっかり温まっていれば1分~1分30秒程度で焼き色がつくと思います。こまめにチェックしましょう。

フライパンで熱湯を注いでフタを閉め蒸し焼きにする

ちょうどよい焼き色がついたら、いよいよ蒸し焼きです。

予め蒸し焼き用に沸かしておいた熱湯を、フライパンの中の餃子が1/3弱浸かる程度を注ぎましょう。

熱湯を注ぐ際のポイント

沸かしたすべてを使い切る必要はありません。
前述の通り、少し多めにお湯を準備しています。フライパンの大きさによってお湯の量を調節して1/3弱浸かる程度としてください。

蒸し焼きしているときのポイント

蒸し焼きしはじめて5~6分程度で一度様子見しましょう。ただし、ふたは開けないで!

この状態で、水気がなくなるまで蒸し焼きしていきます。焼き時間は5~6分程度で様子見をして、水分が飛んでいなければ追加で1分ほど待ってみてください。

フタを開けて焼き色をつける

水分がほとんどなくなってきたら、フライ返しで焼き色焼き色を確認します。

盛り付けて、できあがり

好みの焼き色になっていれば焼き上がりです。

フライ返しを使ってお皿に盛りつけます。

餃子の王将の公式でも動画で説明されている

餃子の王将の公式の動画がYouTubeで公開されています。手順がイメージできない場合はこちらも参考にしてみてくださいね!

まとめ

餃子の王将の持ち帰りの生餃子をきれいに焼く方法について、餃子の王将公式レシピを参考にアレンジを加えたオリジナルレシピを説明しました。

上手に焼くためのポイントは、

  • 餃子同士がくっつかないように離しておくこと
  • 事前に軽く焼き色をつけること
  • 蒸し焼き時はこまめに中をチェックすること
  • ただし、ふたは開けない!
  • 蒸し焼きが終わったら焼き時間を延ばして好みの焼き色に調整

というところです。これさえ気を付けていればおかしな焼け方をすることはないでしょう。

それでは良き餃子生活を!

-料理, 餃子の王将
-, , ,

© 2020 いちたどん.com