テクノロジー

エックスサーバーを利用したWordPress導入まとめ

2018年12月15日

エックスサーバーとWordPressを使用したWebサイト構築の手順等をまとめます。なお、WordPressのテーマはCocoonを使用することを前提とします。

このページは、随時育てていきます。

エックスサーバー契約

必要なスペック、予算に応じてプランを契約する。

ドメイン取得

エックスサーバーにてドメインを取得。(ここではキャンペーンでプレゼントされたドメインを使用。)

WordPressインストール

エックスサーバーを利用しているため、公式の手順で簡単にWordPressが導入可能。

WordPress設定

コメントの無効化

デフォルトでは記事に対してのコメントが有効化されている。スパムコメントがつくので、コメントを無効化する。スパム対策を行ったうえで必要に応じてコメントを有効化すること。

コメントを無効化する方法

プラグイン導入(初期導入)

Edit Author Slug

デフォルトではユーザ名がページで表示されてしまうため、プラグインを追加してユーザ名の表示を変更・表示させないようにする。

Lazy Load

デフォルトではページアクセス時に全ての画像を読み込もうとするため、データの転送量が増えてしまう。画面スクロール時に必要な画像のみ読み込むようにする(遅延読み込み)ため、プラグインを追加する。上述のような機能を実装したプラグインは、以下の通りいくつか存在する。

最新版のCocoonではLazy Loadが実装されているため、Cocoonを導入する場合はこのプラグインは不要になった。
Cocoon側でLazy Loadを有効にした状態で上述のプラグインを有効化していると、画像の表示に不具合が出る(真っ白な画像が表示される)。Cocoon側で機能を有効化している場合は、プラグイン側の機能を停止させる必要がある。

Cocoon導入

Cocoonの導入のため、公式サイトからテーマ(親テーマ・子テーマ)をダウンロード。

導入手順はCocoon公式の手順を参照。

SSL化する場合は、Cocoonの導入前にSSL化対応をしておいたほうが後々の対応が楽になる。後述のSSL化対応の手順中に移行前のサイトアドレスを検索・置換する手順があるが、WordPressテーマの中に設定されている画像等のアドレスは一部置換ができないため、テーマ側の設定画面から別途設定しなおす必要がある。

SSL化

サイトのSSL化対応

エックスサーバーを利用しているため、公式の手順を参照。

エックスサーバー向けの公式の情報もあったため、こちらも補完的に使用。
特に「WordPressの設定からURLを変更する」以降の手順を必要に応じて実施。

CocoonのSSL化対応

Cocoon導入後にSSL化対応してしまった場合、Cocoon公式の手順でアドレスの変更等が必要。

その他、個別に吹き出しなどのイメージを登録している場合は、Cocoon設定画面からアドレスの変更をする必要がある。

Google Analytics対応

Cocoon導入後であれば容易にできる。事前にGoogle Analyticsに登録が必要。

Google Search Console対応

こちらもGoogle Analytics同様、Cocoon導入後であれば容易にできる。

Google Search Consoleの初回登録時に「サイト所有権の確認」を実施する必要があるので、上述のCocoonの公式サイトの手順を参考に登録すればよい。

Webサイトの高速化

Cocoonの高速化設定

Cocoon設定からWebサイトを高速化させる設定を行う。

XServerの高速化

XServerの「サーバーパネル」から以下を設定する。

  • Xアクセラレーター:Xアクセラレータ Ver2をON
  • サーバーキャッシュ:ON
  • ブラウザキャッシュ:ON[全ての静的ファイル]

プラグイン導入

WordPress Ping Optimizer

Googleのスパム判定回避、インデックススピードの向上のため、Pingプラグインの導入。

導入後、以下のようなエラーが表示されるようになる場合がある。
”Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable…"以下のページを参考にエラーを解消。
PHP7.2で「WordPress Ping Optimizer」がエラーになる

Classic Editor

WordPress のエディタを旧エディタに戻すプラグイン。WordPress の新エディタが使いづらい時のために。

Contact Form 7

コンタクトフォームを作成するためのプラグイン。

Google XML Sitemaps

XMLサイトマップを自動生成するためのプラグイン。Google Search Console へのサイトマップ登録時に必要。

Amazon Associates Link Builder

Amazon アソシエイトのリンクを自動作成するプラグイン。Amazon アソシエイト参加後に使用する。

Kattene

Amazon アソシエイトのリンクの作成を補助するプラグイン。Amazon アソシエイトのPA-APIが使用できない場合にリンクの見栄えをよくする。Amazon Associates Link Builderが使用できない場合に導入。

http://webfood.info/make-kattene/

-テクノロジー
-, , ,

© 2020 いちたどん.com